• モビットの特徴とは

    モビットは2013年1月から三井住友銀行グループが運営するキャッシングサービスです。まだまだ新しいキャッシングサービスではありますが駅などで多くの看板を見かけるという人も多いのではないでしょうか。

    モビットの特徴とは

    モビットは2013年1月から三井住友銀行グループが運営するキャッシングサービスです。まだまだ新しいキャッシングサービスではありますが駅などで多くの看板を見かけるという人も多いのではないでしょうか。 Continue reading

  • キャッシングの遅延損害金とは

    キャッシングでお金を借りる時には、返済時に利息を合わせて支払うことになります。ですが、申込書を見ていると、利息を支払う時に必要になる金利以外にも、金利が記載されています。

    キャッシングの遅延損害金とは

    キャッシングでお金を借りる時には、返済時に利息を合わせて支払うことになります。ですが、申込書を見ていると、利息を支払う時に必要になる金利以外にも、金利が記載されています。 Continue reading

  • 三井住友銀行カードローンの店舗

    三井住友銀行カードローンを申し込みたいという人の中には、実際に店舗の窓口に行って説明を聞きながら申込みをしたいという方もいますよね。また、利用をするのに店舗に訪れたいという方もいます。では、三井住友銀行カードローンの申し…

    三井住友銀行カードローンの店舗

    三井住友銀行カードローンを申し込みたいという人の中には、実際に店舗の窓口に行って説明を聞きながら申込みをしたいという方もいますよね。また、利用をするのに店舗に訪れたいという方もいます。では、三井住友銀行カードローンの申し込みをしたり、利用することが出来る店舗というのはどのようなものなのでしょうか。三井住友銀行カードローンの申し込みや利用が出来る店舗は、全国にある三井住友銀行の本支店になります。国内には439か所の支店があり、海外にも15カ所の支店がありますので、三井住友銀行カードローンの申し込みや利用はこれらの店舗で行うことが出来るということになります。店舗は通常は平日の日中のみが営業時間になっていますが、土日や祝日などに営業している店舗などもありますので、三井住友銀行カードローンの申し込みや相談を店舗で行いたいという場合には、この土日や祝日に営業をしている店舗を利用するという方法があります。土曜日に営業をしている店舗はかなり数がありますが、土日及び祝日も営業している店舗は日本国内では12店舗になっています。

  • プロミスの融資額

    プロミスの融資額について検証してみました。プロミスを含め、消費者金融で借入をする場合、貸金業法という法律に基づいて借りる側が守られています。貸金業法では、融資を受ける人の年収の1/3が融資の最大額と決まっています。つまり…

    プロミスの融資額

    プロミスの融資額について検証してみました。プロミスを含め、消費者金融で借入をする場合、貸金業法という法律に基づいて借りる側が守られています。貸金業法では、融資を受ける人の年収の1/3が融資の最大額と決まっています。つまり、年収が300万円の人は最高でも100万円までしか借りることはできません。1社からでも複数社でも合計額が年収の1/3を超えて借りることはできません。だからと言って、年収の1/3ギリギリの金額を貸してもらえるかというとなかなか難しいでしょう。プロミスの最大融資額は500万円までですが、最低でも年収1500万以上無いと500万円借りられないということになりますよね。プロミスは、無担保の信用貸しですから、新規で申し込みした場合、きちんと返済してもらえる保証が無い状態です。何ヶ月か遅れなく返済しているうちに、信用がついて融資額を増額してもらえるという可能性はあります。最終的に自分にいくら貸してくれるかというのは、担当者である人間が決めることです。そのときの会社の方針や担当者の考え方で融資可能額が異なる場合もあるでしょう。

  • プロミスの増額審査

    新規で申し込みした場合、まだ返済の実績が無いため、限度額が低めに設定されることが多いです。しかし、複数の消費者金融から借り入れるということは、信用情報の信用性も低く評価されるようになります。また、複数の返済日と返済額を背…

    プロミスの増額審査

    新規で申し込みした場合、まだ返済の実績が無いため、限度額が低めに設定されることが多いです。しかし、複数の消費者金融から借り入れるということは、信用情報の信用性も低く評価されるようになります。また、複数の返済日と返済額を背負うことになるために多重債務で債務整理に至る可能性が高くなってしまうのです。増額してもらえば、借金は一本化された状態を維持できますから、複数の消費者金融から借りるという選択肢よりプロミスの増額審査を受けましょう。半年程度、滞りなく返済を続けると利用限度額の増額をしてもらうことが可能です。プロミスの増額は、インターネット、電話、プロミスATM、提携ATM、店頭窓口でキャッシングが可能です。限度額の変更になる場合には、増額審査があります。増額することで、利用限度額が50万を超えることになった場合と、他社の融資を含めて100万円を超えるようになる場合には、収入証明書の提出が必要になります。収入証明書は、最新の源泉徴収票、確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月と1年分の賞与明細書)のいずれかになります。貸金業法によって借り入れの総額は収入の1/3までと決まっていますから、すでに他社借り入れも含めて達していれば増額はしてもらえません。

  • プロミスの審査基準

    プロミスの融資を受けたい場合、審査基準が気になります。そこで、プロミスの審査基準がどんな感じなのかを調べてみました。年齢に関する条件は、20歳~69歳までの安定収入のある人という風になっています。働いている方の就業形態は…

    プロミスの審査基準

    プロミスの融資を受けたい場合、審査基準が気になります。そこで、プロミスの審査基準がどんな感じなのかを調べてみました。年齢に関する条件は、20歳~69歳までの安定収入のある人という風になっています。働いている方の就業形態は、正社員、派遣、パート、アルバイトどんな働き方でも毎月の安定収入が得られていれば審査に通ります。プロミスの場合、20歳を超えていれば、たとえ大学生や専門学校生などの学生でも審査に通ることは可能です。主婦でもパートで働いて安定収入があれば融資可能ですし、フリーターでも大丈夫です。ただ、正社員で勤続年数が長いのと比較すると、融資される金額は低く抑えられる可能性が高いです。しかし、最初の融資金額が少なくても真面目に返済を続けていると、融資可能額が増額される場合もあります。プロミスに限らず、貸金業法という法律で借りられる金額が収入の1/3までと決まっています。ですから、収入の1/3以上を消費者金融から借り入れることは法律上、できないことになっています。また、プロミス以外の消費者金融も含めて今までに、支払いの遅延や債務整理などをしたことがある場合、融資が受けられないこともあります。

  • キャッシングで源泉徴収票を用意

    キャッシングは、基本的に源泉徴収票を用意しなければなりません。銀行でお金を借りる行為をキャッシングと言いますが、キャッシングするには、いくつかの書類が必要です。キャッシング額がいくらの場合でも必要になるのが身分証明書です…

    キャッシングで源泉徴収票を用意

    キャッシングは、基本的に源泉徴収票を用意しなければなりません。銀行でお金を借りる行為をキャッシングと言いますが、キャッシングするには、いくつかの書類が必要です。キャッシング額がいくらの場合でも必要になるのが身分証明書ですが、それ以外にも、キャッシング額が高額になる場合、源泉徴収票が必要になってきます。源泉徴収票というのは、年収が書かれた書類で、高額のキャッシングをする際には源泉徴収票がないと借入できません。審査の申し込みフォームに、源泉徴収票を元にして年収を書かないといけません。源泉徴収票は会社に言えばすぐに手配してくれますが、それでも数日はかかります。役所に行ってもすぐには収入証明書を発行してくれません。普段仕事をしている人は、役所に行って源泉徴収票を取り寄せるなど、忙しくてできません。そうした時間もなくて早くお金を借りたい場合もあります。そんなときは、即日融資してくれるカードローンがおすすめです。源泉徴収票の提出が不要でキャッシングできるカードがあれば、ATMですぐにお金をおろすことができます。急な出費に間に合わせることができるのでとても便利です。バンクイックなら、100万円以下の利用であれば、源泉徴収票不要で借入れができます。

  • カードローンの返済方法とは

    カードローンの返済方法は、いろいろあります。一般的なのは分割払いで、元金にかかる利息がそのまま元金に上乗せされていくというものです。回数に応じて分割されるので、元本に対して金利がかかる方式よりも、総支払額は大きくなります…

    カードローンの返済方法とは

    カードローンの返済方法は、いろいろあります。一般的なのは分割払いで、元金にかかる利息がそのまま元金に上乗せされていくというものです。回数に応じて分割されるので、元本に対して金利がかかる方式よりも、総支払額は大きくなります。返済が大変になることから、最近では、あまりカードローンでは見かけなくなりました。カードローンの返済方法で主流となっているのが、リボルビング払いです。返済元本に応じて利息がかかるという方式で、借入残高の減少により、支払利息も減少していきます。リボルビング払いには、定率リボルビング方式、定額リボルビング方式、残高スライドリボルビング方式があります。中でも一番多く利用されているのが、限度額内なら何度でも借りたり返したりできる残高スライド元利定額リボルビング方式です。他にも、利息と元金を合わせた返済金額を毎月一定の返済額で返済していく元利均等払い方式や、毎月の返済額が返済が進むほど減少していくという元金均等払い返済方式があります。カードローンの返済方式は、このようにいろいろありますが、毎月決まった日に、一定額を返済するのが基本になります。

  • 「バンクイック」のメリット

    バンクイックのメリットは、100万円までなら収入証明が不要であるところです。100万円以下の希望額であれば、収入証明が不要なので、高額の借入の際にも助かります。ちなみにアコムやプロミスなどの消費者金融の場合、50万円超の…

    「バンクイック」のメリット

    バンクイックのメリットは、100万円までなら収入証明が不要であるところです。100万円以下の希望額であれば、収入証明が不要なので、高額の借入の際にも助かります。ちなみにアコムやプロミスなどの消費者金融の場合、50万円超の希望額の際には必ず収入証明書類の提出が必要なので、この差は大きいです。バンクイックは、貸金業法の規制を受けないので、ある程度高額でも収入証明なしで申し込めるわけです。バンクイックには、即日融資可能というメリットもあります。必要書類に、自分の身分証明書と世帯の年収金額を記入すれば、事前の準備不要で、最短40分で即日借入が可能です。銀行のカードローンの審査は、時間がかかることが多いのですが、バンクイックならスピーディに審査してくれます。バンクイックにはテレビ窓口の自動契約機があるので、自宅に郵送物を受けることなく、自動契約機でカードが発行されます。家族にバレずに収入証明なしで、しかも即日融資が受けられるので、バンクイックを利用する価値は大きいです。金利も年4.6%~14.6%となっていて、他の大手銀行系と比べてもかなり安くなっています。